英語の力を効果的に身につけるために必要な知識を身につけよう

日本人が英語を学ぶときに知っておくべきポイントとは

英語を使う環境に

日本の教育では英会話はできない

多くの人が中学生から英語教育を受けているにもかかわらず、高校を卒業しても英会話ができません。まして難関大学に入っても英会話ができない人も多いのです。英語を勉強して読み書きができる人が多くいるのですが、英会話となるとかなり少なくなります。日本の教育では仕方がないことかもしれません。ほとんどの授業が読むことと書くことに集中されているからです。リスニングの試験が導入されても英会話ができる人はほとんど増えていないことでしょう。聴くことができても話すことがないからです。 社会人になってから英会話の必要性を感じることが多くなります。また就職活動前になると英会話を習う人も増えます。学校や通信教育や市販の教材で勉強することになるでしょう。

ネイティブの人と話すことが大事

英会話ができるようになる市販の教材がたくさんあります。習得の仕方や大事なフレーズが書かれているものがたくさんあります。通信教育でもいろいろな流行のものが発売されます。しかしどれも直接会話をすることができないので、聴くことができても話すことが難しいことには変わりありません。英会話を習得するためには直接ネイティブの人と話すことが大事です。そのためには学校が一番いい方法です。ネイティブの先生がいるので、聴くことも話すことも両方役立ちます。グループで会話をしたりマンツーマンで会話をすることによって、できるという経験も身につきます。近くに学校がない人はインターネットを利用したものがあります。世界中の人と話すことができる、オンライン英会話もあるので自宅で本格的に学ぶことができます。